炭水化物抜きダイエットをする時の献立

最近、注目されているダイエットの一つとして
炭水化物抜きダイエットという方法があります。

一見、簡単そうに見えますが、実際にやってみると結構大変なダイエットです。
炭水化物抜きダイエットとは、言葉の通り、ごはんやパン、麺などの
炭水化物(糖質)を抜くダイエットです。

主食を摂らない物足りなさをどう凌ぐか

糖質を抜くわけですから、イモ類やバナナなども摂取しないようにします。
日頃、あまり意識しないで食事を摂っていると、
いかに炭水化物が人間にとって必要なものなのかを感じさせられるようになります。

炭水化物、つまりご飯やパン、麺などの主食を食べず、
ほかの肉類や魚、野菜などの主菜・副菜をしっかり摂ります。
やはり炭水化物を摂取しないと、物足りなさを感じたり、腹持ちが悪く、
おなかがすいたりします。それをどう凌ぐかというところが問題になります。

豆腐やスープなどを献立に

主食を摂らないわけですから、献立の中でそれに代わるものを取り入れるようにします。
大豆製品である豆腐は栄養価も高く、ある程度の量を食べると食べ応えがあります。

また、緑豆などを原料としている春雨を使ったスープは体を温め、
空腹を満たしてくれます。その他のおかずでタンパク質や脂質、
ビタミンや無機質を摂るようにします。

このように献立を工夫することで、炭水化物抜きダイエットを
ストレスを感じることなく、こなしていければ
ダイエット効果が見られることは間違いありません。

しかしながら、炭水化物好きにはきついダイエットですから、
まずは一日一回、夕食の炭水化物を抜く、炭水化物抜きダイエットから始めるとよいでしょう。

COPYRIGHT© 2013 ダイエット とにかく痩せたい! ALL RIGHTS RESERVED.